沖縄のおすすめスイーツ

アイスクリームで沖縄を感じよう

沖縄では、アメリカで生まれて沖縄で育ったという某アイスクリームが有名です。沖縄にある体験型ミュージアムでは、好きな味やトッピングを選んで自分のオリジナルのアイスクリームを作ることができます。その他にもアイスクリームでおすすめのところがあります。そのお店は、石垣島市内の商店街付近にあります。そこのアイスクリームには、フルーツが形を維持したまま入っています。石垣島産のパイナップルやドラゴンフルーツが入っているものもあり、沖縄の味を堪能することができます。添加物や甘味料を使用していないのも特徴で、すっきりとした後味を感じられます。見た目にも華やかなので、ぜひ写真にも残しておきたいアイスクリームです。

これがぜんざい?「沖縄ぜんざい」とは?

「沖縄ぜんざい」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。ぜんざいというと、お餅が入った温かいスイーツを連想しますが、沖縄のぜんざいはまったく異なる物です。なんとかき氷なんです。トッピングには、砂糖で甘く煮た金時豆や押し麦がのせられるのが一般的です。もともと沖縄では、甘く煮た金時豆や押し麦のことを「ぜんざい」と呼んでおり、それをかき氷にのせたことで「沖縄ぜんざい」が生まれた言われています。

「沖縄ぜんざい」は、お店で食べると300円前後のリーズナブルな価格であることが多いです。トッピングに、タピオカやきなこなどを追加できるお店もあります。お店ごとで少しずつ特徴が異なるので、食べ比べをしてお気に入りをみつけても楽しいですね。

与論島の旅行は夏の観光シーズンをずらして計画しましょう。白い浜も海も変わらず美しいのに、繁忙期よりも費用が安く抑えられます。観光客の去った与論島の日常をゆっくり味わうことができます。