沖縄で人気の軽食

やさしいお味「ゆし豆腐」

沖縄では、一般的な豆腐よりも固いという特徴をもつ島豆腐が有名ですが、島豆腐になる前のにがりを入れて固まり始めた状態であるゆし豆腐も食べられています。その食感はとてもふわふわです。薄い塩味がついているので、そのまま食べることができます。大豆の風味も十分に感じられますよ。また、お出汁がきいた温かいスープに入れれば、お腹が温まり軽食にもちょうど良いボリュームです。その他、沖縄そばの上にのせたり、いろいろな食べ方をすることができます。ゆし豆腐が食べられるお店の中には、早朝から開店しているお店があり、朝食に利用することができます。ご飯の上にゆし豆腐をぶっかけて食べるメニューは、朝でもさらさらと食べることができるので良いですね。

実は「タコス」のお店がたくさんあるんです

沖縄の名物料理といえばタコライスが有名ですが、実は沖縄にはタコスのお店もたくさんあります。タコスには、トウモロコシの粉を薄くのばして焼いたトルティーヤが使用されます。具には、一般的に牛ひき肉やトマト、レタス等が使われ、仕上げにサルサソースがかけられるのがポイントです。ただ、やはりお店ごとに特徴があります。トルティーヤの硬さも、柔らかめのところからパリパリの硬めのところまで様々ですし、もちろんサルサソースの味にも違いがあります。チーズ等のトッピングができるお店もありますよ。タコスは一個の価格がリーズナブルですし、単品で購入できるところも多いので、歩いていてちょっと小腹がすいたなというときにもおすすめです。